不眠症|港区の白金台メディカルクリニック|土曜診療 女医 寝られない

TEL:0354886810

不眠症

不眠症とは

イメージ

「寝つきが悪い」「夜中や早朝に目が覚める」「ぐっすり寝た気がしない」――こうした睡眠トラブルのために、日常生活に支障をきたす状態になり、しかもそれが慢性的に続くようなら、それは不眠症かも知れません。
しかし、睡眠時間は個人差が大きいため、7時間以上眠っているにもかかわらず「眠れない」と感じる方がいる一方で、3~4時間の睡眠でもまったく平気な方もいます。
そのため、客観的に何時間眠っていようと、本人が安眠・快眠できないと自覚する状態が続けば、「不眠症」と診断されることになります。

根本的な原因を探ることも重要

不眠症は特定の人だけがかかるような珍しい疾患ではなく、誰もがなりえます。また、うつ病など他の精神疾患の症状の一つとして不眠症が現れてくるケースも少なくありません。慢性的な不眠症では、その3分の1から半数は、何らかの精神疾患を併せ持っていると言われます。したがって、ただ単に睡眠薬で不眠を解決するだけでなく、根本的な原因が無いかを探ることも重要になります。

不眠症の種類

不眠症は、眠れない時間帯を基準として、下表のように入眠障害・中途覚醒・熟眠障害・早朝覚醒の4つに分けられます。

入眠障害

寝つきが悪く、なかなか眠れないタイプ(30分~1時間以上)で、心配事やストレスなどによって起こりやすくなります。ただし、一度寝ついてしまえば、朝まで眠れることが多いものです。入眠障害は、不眠症のなかでも一番よく見受けられます。

中途覚醒

寝つきは良いものの、寝ている途中にトイレなどで起きてしまうと、その後眠れなくなってしまい、そのために熟睡感が得られないタイプです。

熟眠障害

十分な睡眠時間をとっていても眠りが浅く、目覚めたときに「ぐっすり眠った感じ」がしないタイプです。高齢者や神経質な人に多く見られます。

早朝覚醒

寝つきは良く、すぐに眠れるものの、朝早く目が覚めると、そのまま眠れなくなってしまうタイプです。うつ病の患者さんや高齢者に多く見られます。

不眠症の原因

現代は、あらゆる環境(家庭や学校、職場など)にストレスが溢れており、そうしたストレスが要因となって不眠を訴える方が多くなっています。
主な要因は、下表の通りです。

心理的要因

不安、イライラ、人間関係の悩みなど。

身体的要因

更年期などによるホルモンバランスの変化、身体疾患などを原因とした頻尿、皮膚病(アトピー性皮膚炎など)による痒みなど。

環境的要因

季節の変わり目、引っ越しなど。

生活習慣的要因

アルコールや喫煙によるニコチン摂取、コーヒーの飲み過ぎなどによるカフェイン摂取過多、入眠前の過剰なネットの利用や携帯・スマートフォンの操作など。

不眠症の治療

不眠症は、その原因により治療法も変わってきますが、生活習慣の改善と薬物療法が中心になります。
いずれにしましても、不眠の原因である心の病気、身体的疾患、不適切な睡眠環境などの改善に取り組むことが大切です。

非薬物療法

生活習慣の改善による不眠治療です。室温、部屋の明るさなどを調節することにより睡眠が得られやすい環境にする、音楽や読書などによりリラックスできる時間をつくる、睡眠時間の4時間くらい前に食事を済ませ、入浴は1~2時間前にする、毎朝、朝日を浴びて正確な体内時間を設定する、などです。

薬物療法

不眠のタイプによって、睡眠薬のタイプもそれぞれ変わってきます。寝つきが悪い、途中で起きてしまう、早く目が覚めてしまう、などの症状に応じて、相応しい睡眠薬が処方されます。抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬なども使用されることがあります。
睡眠薬は、医師に指示された用法・用量を守って、正しく使用しましょう。睡眠薬はお酒と一緒に飲んではいけません。睡眠薬の効果が強まり過ぎて、呼吸抑制などの危険が生じます。睡眠薬を服用したら、30分以内には寝床につくようにしてください。
なお、服用していた睡眠薬を急に中止すると、リバウンドで不眠が悪化することがあります(反跳性不眠)。必要が無くなったように思えても、医師の指示に従いながら、段階を踏んでやめるようにしましょう。

pagetoppagetop