強迫性障害|港区の白金台メディカルクリニック|土曜診療 不安 確認

TEL:0354886810

強迫性障害

強迫性障害とは

イメージ

自分の意思に反して不安もしくは不快な考え(強迫観念)が頭に浮かんできて、それを抑えようとしても抑え切れず、またそのような考えを打ち消そうとして、無意味な行為(強迫行為)を繰り返さずにはいられなくなる心の病気です。根底には「不安」が存在しており、不安障害の一つに分類されます。
そのような強迫症状は、つまらない、ばかげている、不合理だとは、本人もよくわかっています。それなのに、無視しようとすると強い不安が襲ってきて、症状を抑えられなくなってしまうのです。

強迫性障害の具体的な症状(例)

  • 汚れや細菌汚染を恐れて何度も手洗いや洗濯、入浴などを繰り返す。
  • 窓や玄関のカギ、ガス栓、電気器具のスイッチなどを何度も何度も確認する。
  • 誰かに危害を加えたのではないかと心配になり、通って来た道を戻って確認する。
  • 自分の決めた回数や手順に沿って物事を行わないと不安になり、それに従う。
  • 物の位置や左右対称性、数字などにこだわりがあり、それから外れると不安になる。

強迫性障害に気づいたら

上記のような強迫症状は、うつ病、統合失調症など、他の精神疾患でも見られるため、そうした疾患との鑑別も大切です。専門的な診断や検査が必要になりますので、心の病気を専門に扱う医療機関を受診してください。
なお、家族をはじめ身近な人は「なぜ、そんなつまらないことを気にするのだろうか」と理解に苦しむかも知れませんが、どうしようもなく気になること自体が病気なので、そんな患者さんの気持ちを受け止めてあげてほしいものです。

強迫性障害の治療

治療法には、主に薬物療法と精神療法があります。

薬物療法

薬物療法としては、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が用いられ、症状が重いケースでは、少量の抗精神病薬が使われることもあります。

精神療法

「曝露反応妨害法」と呼ばれる、一種の認知行動療法が特に有効と言われます。患者さんを、あえて強迫症状が出やすいような場面に直面させ、しかも強迫行為を行わないように指示し、不安が自然に消えていくまで、その状態にとどまらせる方法です。強迫性障害においては、薬物と同等か、それ以上の効果があると考えられています。

pagetoppagetop