パニック障害|港区の白金台メディカルクリニック|土曜診療 女医

TEL:0354886810

パニック障害

パニック障害とは

イメージ

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(心拍数が増加している状態)、震え、痺れ、息苦しさ、胸部不快感、冷や汗、めまいといった身体的な症状に加えて、「このまま死んでしまうのではないか」と思うほどの強い不安感に襲われる疾患です。
この発作は「パニック発作」と呼ばれ、その多くは20~30分くらい、長くても1時間以内には治まります。
パニック発作を起こして救急車で病院に運び込まれたりもしますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、心電図や血液検査などをしても異常は認められません。
パニック障害は、検査をしても身体的な異常が見当たらないのに、こうした発作を繰り返す点が特徴的です。過換気症候群や甲状腺疾患、不整脈なども似た症状を呈することがありますので、それらの疾患との見分けも大切になってきます。

パニック障害の3大症状

前記のようなパニック発作を何度も繰り返すうちに、再び発作を起こしたらどうしようかという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれてきがちです。これを「予期不安」と言います。
予期不安は、逃げ場の無いような場所で症状が起きたらどうしよう、発作を他人や大勢の人に見られたら恥ずかしい、といった不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所などを避けるようになります。これが、「広場恐怖(外出恐怖)」です。
「パニック発作」と「予期不安」、「広場恐怖」はパニック障害の3大症状と言われる特徴的な症状で、この3つの症状は、悪循環を形成してパニック障害を悪化させがちです。パニック障害が悪化すると、行動半径が狭まったり、人前に出るのを嫌って閉じこもるようになったりし、通常の社会生活が営めなくなります。また、うつ病を併発するケースもあります。

パニック障害の治療

パニック障害に対する治療の基本は、抗うつ薬や抗不安薬などによる薬物療法です。個々の患者さんの病態に合わせて、それぞれにふさわしい薬が処方されます。
また、不適切な考え方や行動を修正していく「認知行動療法」や、心身をリラックスさせる方法を身につける「自律訓練法」などの精神療法が併用されることもあります。
こうした治療を組み合わせて行いながら、少しずつ行動範囲を広げていきます。

pagetoppagetop