月経前症候群(PMS)|港区の白金台メディカルクリニック|土曜診療

TEL:0354886810

月経前症候群(PMS)

生理前のつらい症状

イメージ

生理前になると「イライラする」「気分が沈んでしまう」「体がだるくなる」「頭痛に悩まされる」――こうした生理前のつらい症状は、月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)と呼ばれます。PMSのなかでもとりわけ精神的不調の程度が重く、日常生活に支障をきたすほどの状態を月経前不快気分障害(PMDD:Premenstrual Dysphoric Disorder)と言います。PMDDでは、怒りっぽく攻撃的になったり、重い抑うつ感から自殺願望が生じたり、自傷行為に走ったりすることがあります。
PMSやPMDDの症状は月経周期に対応していて、生理の数日~2週間前頃から始まり、月経が始まると、ほとんどが嘘のように消えていきます。

女性の約8割が経験

月経前症候群(PMS・PMDD)は、女性の約8割が経験すると言われます。
しかし、日本における認知度は低く、症状を自覚していながら、それがこの疾患のせいだとは気付かずに、ひとり悩んでいる女性が少なくありません。また、周囲の人も、そのような女性を前にし、戸惑うこともあるでしょう。
原因としては、生理に伴うホルモンバランスの変化によるものと考えられていますが、はっきりとは特定されていません。
性格的には、真面目で神経質な人がなりやすいと言われます。

月経前症候群の主な症状

身体症状

  • 頭痛
  • だるい
  • 首や肩のこり
  • 立ちくらみやめまい
  • 乳房の張りや痛み
  • 肌荒れ
  • お腹の張り
  • 下腹部の痛み
  • 下肢のむくみ
  • 口内炎 など

精神症状

  • イライラ
  • 抑うつ
  • 不眠
  • 怒りっぽくなる
  • 無気力
  • 不安
  • 緊張
  • 集中力や判断力、記憶力の低下
  • 考え方がネガティブになる など

月経前症候群の治療

心療内科医・精神科医としての立場から、抗うつ薬や抗不安薬などの向精神薬を用いた治療、心理療法(カウンセリング)や生活指導などの薬物によらない治療など、お一人お一人の状態に合わせた方法をご提案いたします。

pagetoppagetop